One Create

curione [クリオネ] の帽子はすべて、帽子職人であるデザイナー自身の手作業によって作成されています。

それぞれの素材が持つ肌触りや材質の特性を最大限に生かしたものづくりと、

「 他には無いたったひとつの帽子をクリエイトする = one create 」という理念のもと

既成概念に捉われることなく独創的でいて表情のある帽子を一点一点心を込めて制作しています。

All curione's hats are made with craftsmanship of its designer.
curione thinks the material's texture and features are most important for handmade creativity.
The each hat has the own distinctive atmosphere which the ones made by the manifucturing stuffs will not have.

細川 秀明 / ほそかわ ひであき

服飾専門学校在学時より帽子の制作を開始。
2006年デザインフェスタに出展。
スタジオトムス、Peony、override、アルビオンハットにてオリジナルハットを販売。
2006年12月および2007年7月に「手の中でひろがる帽子展」と題し個展を開催。同展示会を期にブランド「curione」をスタート。以降、自身のブランド展開と共にDOARATやTHUNDERBOXなどのアパレルブランドの別注ハットを制作するなど活動の場を広げる。
2014年 LAND OF TOMORROW(丸の内店)ディスプレイ用ハットを手掛ける。
2015年 COMME des GARCONS Xmas キャンペーン「RED CELEBRATION Action and Energy」の一環としてcurioneのハットがTRADING MUSEUM COMME des GARCONS(表参道GYRE)にて展示・販売される。

Hideaki Hosokawa

now writing..